建築ネットワーク

建築実例 WORKS

2000万円台の物件

13Yさん邸

メインイメージ

ダイニングとリビング間に配した階段、そして吹き抜けと梁が見事に調和する大空間

SW工法で暑さと寒さを緩和 高性能が支える快適な暮らし
サブイメージ

 第1子誕生を機会に家づくりを検討し始めたYさん夫婦は、当初から自由設計の家を希望。そんな時に職場の先輩から「要望を言えば、いろいろとやってくれるよ」と教えてもらい『建築ネットワーク』と出会った。ご主人の念願だったリビングの吹き抜けや2匹の愛猫のためのキャットルーム、子ども部屋3室など、個性的な願いもしっかりと受け止めてくれた上で使いやすい動線や間取りを構築。各空間にゆとりがあり、1階の和室と多目的室は来客時や二世帯住宅の可能性が出てきた時にも活かせるプランニングで、先を見据えたフレキシブルな提案が秀逸だ。
 またYさん邸が建つのは比較的温暖な天草だが、奥様の出身は阿蘇ということもあり、室内の温度差が少ないSW(スーパーウォール)工法を採用した。建物全体を断熱材で包むことで外気温に影響されにくい魔法瓶にも似た構造を生み出し、かつ高気密・高断熱・高耐震構造を実現。さらに常時新鮮な空気を保つ計画換気も子どもや猫たち、家族みんなの健康をサポートしてくれる。

私たちが希望した3つのこと
Yさん邸の場合/家族3人
  • POINT1 「余裕ある雰囲気に憧れて開放感ある吹き抜けを」

    リビング階段と好相性で、2階との一体感や明るさ、そして空間にゆとりをもたらす憧れの吹き抜けを、メーン空間に設けたい

  • POINT2 「愛猫と仲よく暮らせるキャットルーム」

    以前から一緒に暮らしている2匹の愛猫。大切な家族の一員のために、彼らが伸び伸びと過ごせる専用の空間を確保したい

  • POINT3 「日常のトレーニング多目的に使えるスペース」

    現役で社会人バスケットボールチームに所属。毎日のトレーニングを集中して行えるような、多目的に使える一室を設けたい

建物データ
見取り図
建築費
2,423万円(税抜・設計料含む)
延床面積
166.27㎡(約50.29坪)
床面積
1F 86.95㎡(約26.30坪)
2F 79.32㎡(約23.99坪)
土地面積
506.27㎡(約153.15坪)
構造
木造
工法
SW工法
設計期間
約3ヶ月
工事期間
約3ヶ月
スタッフコメント
南野 勇希

施工担当 南野 勇希 目指すのは、真の快適性を追求し、さらにエネルギー消費を抑えた家づくり。そこに住まわれるご家族様の将来のライフサイクルまで考えて、最適なプランをご提案させていただいております。

ページ上部へ